Top >  働きマンとの出会い >  働きマン読んだらパワーもらっちゃった

働きマン読んだらパワーもらっちゃった

働きマンはあの超人気作家・安野モヨコ原作、講談社の週刊モーニングで2004年から連載中の漫画です。
働きマンを教えてくれたのは彼氏なんだけど、ちょうど仕事のことで色々悩んでいたら、気分転換でこれでも読んでみたらと持ってきたのが働きマンのマンガだったの。

仕事のこと考えたくもないのに、「なんで働きマンなんて題名のつく本を持ってくるのよーっ」て思ってたので、働きマンのマンガをテーブルの上に数日間放置。

数日たって私も気持ちが落ち着いたころ、彼氏が持ってきてくれた働きマンを思い出し読んでみました。

これがなかなか面白いんですよ。働きマンの主人公、松方弘子も魅力的ですし。

働きマンを読んで感じたのは、みんな、悩みながら毎日働いていて、そんな当たり前のことを実感しました。
働きマン読んだら元気が湧いてきました。

働きマンでの女の人のこういう頑張りかたって、誰かが語ってくれてたようで語ってくれてなかったんじゃないかなあ。

働きマン的に言うと男の人と張り合うんじゃなくて、理解してく女子の頑張り方。

         

働きマンとの出会い

関連エントリー

働きマン読んだらパワーもらっちゃった